Top >  フコイダンとは? >  フコイダンと多糖体

スポンサードリンク

フコイダンと多糖体

フコイダンは元々が高分子多糖類に分類されるものです。多糖類とは二分子以上の単糖類を生じる糖類で、フコースや硫酸基などの分子が壊れにくいように非常に強く結合したものです。

高分子多糖体であるためにフコイダンは免疫受容体に有効に働くと言われています。しかし、フコイダンは高分子多糖体であるために身体に吸収されにくいのです。だからと言って、フコイダンを単に低分子にすれば身体に吸収されるのかと言えばそうではないのです。フコイダンを低分子化するということは、フコイダンの分子構造を壊してしまうことになり、それはフコイダンとは呼べない物になってしまうのです。

フコイダンは多糖体としての構造を持ったままの高分子のままがアポトーシスが強く起こるとされています。しかし、フコイダンの研究は進み、超低分子のフコイダンが製造されました。シーフコイダンと言います。

スポンサードリンク

【お役立ちリンク】

 <  前の記事 フコイダンの歴史  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと海藻  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴