Top >  フコイダンとは? >  フコイダンとリンパ球

スポンサードリンク

フコイダンとリンパ球

フコイダンとリンパ球には密接な関係があります。リンパ球は病原菌などの侵入者が現れるとそれに対して攻撃を仕掛けてその侵入者を潰す役割をしています。そのリンパ球を束ねるのがマクロファージといいます。マクロファージは侵入者を見つけるとリンパ球に命令してその侵入者を攻撃します。

フコイダンは高分子の多糖体ですから、分解されることなく小腸の出口まで来てしまいます。その分解されない大きな物体フコイダンを見たマクロファージは侵入者だと勘違いしてリンパ球に攻撃を命じます。大きな物体フコイダンに攻撃を仕掛けるためにリンパ球は活発に動き始めます。するとそれは全身に広がり、全身のリンパ球を活性化するという結果を生み出すのです。リンパ球が活性化した身体は免疫力が大きくアップしているはずです。

スポンサードリンク

【お役立ちリンク】

 <  前の記事 フコイダンと海藻  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん治療  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴