Top >  フコイダンとは? >  フコイダンの効果

スポンサードリンク

フコイダンの効果

フコイダンの効果は、昨今の研究によって非常に幅広いものがあることがわかってきました。もちろん癌に効果があることは有名なことですが、他にも胃潰瘍にもよいと言われます。

フコイダンが胃の粘膜に作用して、胃潰瘍の原因となるヘリコバクターピロリと呼ばれるいわゆるピロリ菌が胃の粘膜につくのを防いでいると考えられています。

フコイダンは血液にも作用していると言われていて、それは特に血液を固まりにくくする作用があるとされています。血液をサラサラにする効果がある訳です。フコイダンのこの血液サラサラ効果によって、血管が詰まる病気、心筋梗塞や脳梗塞などに大きな効果をもたらすのです。

フコイダンのこの効果によって、血流が良くなり、高血圧や動脈硬化、糖尿病などにも効果があると報告されています。

スポンサードリンク

【お役立ちリンク】

 <  前の記事 フコイダンの抗がん作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの免疫作用  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴