Top >  フコイダンとは? >  フコイダンの成分

スポンサードリンク

フコイダンの成分

フコイダンは海藻のもずくや昆布、ワカメやメカブなどの表面にあるヌルヌルとした成分の中に含まれています。そのフコイダンの中には硫酸基というものが含まれています。

硫酸基というその名前の通り、硫酸の素となる成分ですが、その働きは、例えば胃の粘膜を保護する働きがあります。硫酸基はフコイダンが持つその効果を引き出すために大変に重要な役割をしているのですが、日本国内で取れるもずくにはこの硫酸基が10%ほどしか含まれてはいません。

硫酸基が10%ほどではフコイダンの持つ効果を発揮するには至りません。フコイダンが持つ効果を最大限に発揮するには硫酸基が13%以上含まれていないといけないのです。硫酸基は非常に壊れやすい性質を持っていますので、フコイダンを抽出する時に失われてしまうことがとても多いと言われています。硫酸基が13%以上含まれているフコイダンを選ぶのが賢い選択だと言えます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの免疫作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの品質  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴