Top >  フコイダンとは? >  フコイダンの実態

スポンサードリンク

フコイダンの実態

フコイダンは多くの糖がつながって形成する多糖体の一種です。多糖体とは二分子以上の単糖類を持つ糖類です。フコイダンはフコースや硫酸基といった分子が壊れないようにとても強く結びついたものなのです。

フコイダンは高分子多糖体であるために免疫受容体に効果があるとされています。しかし、フコイダンは高分子であるために、身体に吸収され難い成分なのです。だからと言って、身体に吸収されやすいようにフコイダンを闇雲に低分子化するとフコイダンがフコイダンである体をなくしてしまうのです。これには硫酸基の結びつきの問題があるようです。

しかし、昨今の研究によってフコイダンの低分子化が実現しました。フコイダンを低分子化することによって私たちの身体にフコイダンを取り込みやすくなったという訳です。


スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの研究  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの定義  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴