Top >  フコイダンとは? >  フコイダンの定義

スポンサードリンク

フコイダンの定義

フコイダンの定義といっても、実はまだフコイダンは明確な定義はされていません。ですので、普段は「フコイダン」や「フコイダン様多糖体」と呼ばれています。

フコイダンはモズクやワカメ、昆布などの海藻類に含まれるヌメリ成分で、水溶性食物繊維の一種なのです。基本的に硫酸化フコースの多糖体で、フコースの他にも、ガラクトースやマンノース、キシロースやウロン酸なども結びついています。ですから、主な成分がフコースである糖鎖の総称ですので、フコイダンと呼ばれていても同一な物質に付けられた名称ではないということです。

上記に記したように、フコイダンの定義はまだ明確には定まっていないというのが現実です。ただし、メーカーによっては純度と硫酸基の量によってある程度の水準を超えたものをフコイダンの定義としているところもあります。


スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの実態  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとアガリクスの違い  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴