Top >  フコイダンとは? >  フコイダンとアガリクスの違い

スポンサードリンク

フコイダンとアガリクスの違い

フコイダンと同じようにアガリクスもがんに効果があると言われています。アガリクスとはブラジル原産のきのこのことを言います。

アガリクスにもフコイダンのように免疫受容体に働きかけると言われています。ですから、アガリクスにもフコイダンにも強力な免疫賦活作用があるのです。では、フコイダンとアガリクスの違いは何なのでしょうか?決定的な違いは、その効力が現れるまでの時間の差です。

フコイダンはがんなどの異常細胞に接触すると直接、その異常細胞にアポトーシス作用を促します。するとフコイダンにアポトーシス作用を促された異常細胞は自滅していくことになります。アガリクスの場合は、まず私たちの身体に元々ある免疫細胞を強くして、異常細胞と戦わせて異常細胞を消滅させるのです。ですので、アガリクスの場合はフコイダンに比べて身体に対応する時間が大きく取られるので効果が出るまでに時間がかかるということになります。


スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの定義  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの分子量  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴