Top >  フコイダンとは? >  フコイダンの分子量

スポンサードリンク

フコイダンの分子量

フコイダンは本来、非常に高分子な物質です。高分子ということは私たちの身体にフコイダンは非常に取り込みにくい物質だといえます。だからといって闇雲にフコイダンを低分子化すると私たちの身体には取り込みやすくなるのですが、フコイダンがフコイダンの体をなしていない状態になっているものを取り込むことになります。つまりフコイダンではなくなった物質を取り込むということになるのです。

フコイダンがその体をなすかなさないかは硫酸基の状態によって決まってくるようです。フコイダンを低分子化して私たちの身体に吸収しやすくするためには硫酸基の量もある程度保っておかなければならないということです。ある意味、フコイダン=硫酸基という式もなりたつほど、フコイダンと硫酸気の関係は密接だと言われています。今、話題のヒアルロン酸なども非常に高分子な物質だといわれています。


スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとアガリクスの違い  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと硫酸基  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴