Top >  フコイダンとは? >  フコイダンと硫酸基

スポンサードリンク

フコイダンと硫酸基

フコイダンと硫酸基は非常に密接な関係になりますが、その関係はある意味では特殊な関係です。フコイダンが持つ硫酸基とは私たちが知っている硫酸の基となるものです。しかし、硫酸基だけでは硫酸のような害を及ぼす物質ではありません。硫酸基はヌルヌルとした成分を作り出すのが特徴です。この硫酸基は私たちの胃の中にもあって胃の粘膜を守っています。フコイダンが持っているこの硫酸基がフコイダンがフコイダンとして体をなして機能するかどうかに関わってきます。元々、高分子成分のフコイダンはそのままでは私たちの身体にとても吸収され難いので、吸収されやすくするために低分子化を行うのですが、その時にこの硫酸基をバラバラにしてしまうとフコイダンがフコイダンではなくなってしまうのです。そのためにフコイダンを低分子化する場合に、フコイダンに含まれている硫酸基の量もある程度保つようにする技術が必要になってきます。


スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの分子量  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの抽出方法  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴