Top >  フコイダンとは? >  フコイダンの構造

スポンサードリンク

フコイダンの構造

フコイダンの構造はかなり特殊なものです。フコイダンの構造は、単糖類が強く鎖で繋がれた状態になっています。そしてその構造に、フコイダン特有の硫酸基が繋がれているのです。この硫酸基が繋がれていることは非常に特殊なことです。しかし、この硫酸基がなければ、フコイダンはフコイダンの体もなさないし、その機能さえ働かないのです。糖鎖状になって構成している単糖類はフコースやガラクトース、マンノース、キシロースなどです。このようにフコイダンの複雑で特殊な構造から、フコイダンが発見されてから70年間もフコイダンの研究が進まなかったとも言われています。


スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの製造方法  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンによる代替医療  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴