Top >  フコイダンとは? >  フコイダンによる代替医療

スポンサードリンク

フコイダンによる代替医療

フコイダンによる代替医療は今、非常に注目されています。元々、代替医療とは私たちが通常、病院で受ける医療以外の医学療法や健康法を意味します。こういったことから、補完医療とか相補医療とも呼ばれています。フコイダンを使った代替医療は広まりを見せています。主にがん治療に使われるのですが、フコイダンががん細胞のような異常細胞だけにアポトーシス作用を促すことが分かり注目されるようになりました。現在の医療では抗がん剤や放射線治療を行い、その結果として患者さんを悩ませる強い副作用が起こるのです。フコイダンを使った治療ではこのような強い副作用はないと言われています。このフコイダンを使った療法は研究が始まってまだ浅いのですが、多くの臨床報告が寄せられているとのことです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの構造  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンのサプリメント  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴