Top >  フコイダンとは? >  フコイダンとがん

スポンサードリンク

フコイダンとがん

フコイダンとがんの関係が分かってから、フコイダンは非常に注目されるようになりました。

フコイダンはがん細胞のような異常細胞に対して直接に作用します。またフコイダンががん細胞にアポトーシス作用を促すことが研究の結果分かり、フコイダンのがんに対する効果が期待されるようになりました。

フコイダンの原材料はもずくや昆布、ワカメなどの海藻類にあるヌルヌル成分ですので、多く摂取しても副作用などはないとされています。現在のがん治療は抗がん剤の投与や放射線治療が主ですので、その強い副作用にがん患者さんたちは非常に悩まされているのです。フコイダンのがんに対する効果の研究が更に進むことを期待するばかりです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとがん~その2~  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと抗がん剤  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴