Top >  フコイダンとは? >  フコイダンの歴史

スポンサードリンク

フコイダンの歴史

フコイダンが癌にかなり有効な効果があると発見されたのは、つい最近のことですので、フコイダンの歴史はまだ浅いと思っている方が多いのですが、実はフコイダンの歴史は思っているよりもかなり古い歴史があります。

フコイダンという成分が発見されたのは、約100年前と以外に古い歴史があるのです。最初は1913年にスウェーデンの学者キリン氏によって発見された。当初、つけられた名前は「フコイジン」でした。

またフコイダンのもっと古い歴史を探ると、紀元前4世紀(2000年以上前)に、秦の始皇帝が使者を遣わせて求めさせた「不老長寿の薬」は、フコイダンが含まれている昆布だったという話もあり、フコイダンは昔の人にもよい成分だということがわかっていたのです。

スポンサードリンク

【お役立ちリンク】

 <  前の記事 フコイダンって聞いたことがない  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと多糖体  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴