Top >  フコイダンと癌 >  フコイダンのアポトーシス

スポンサードリンク

フコイダンのアポトーシス

大辞泉によると「アポトーシスとは固体の組織の成長の過程で、プログラム化された細胞死をいう。胎児の指が、指と指のあいだの細胞が死ぬことで生ずるのがその例。自然現象であって、事故による細胞の壊死と区別される」とのこと。

人の身体を構成している細胞は、古くなったり傷ついたりすると、その細胞が自滅するようにDNAに組み込まれていて、古くなったり傷ついた細胞が自滅することを「アポトーシス」と言います。

私たちの細胞は日々、このアポトーシスが行われていて、古くなったり、傷ついた細胞は死に、新しい細胞に生まれ変わります。普通の細胞はこのような循環を行いますが、がん細胞は、このDNAに組み込まれた法則を無視する動きをし、いつまでも自滅することはなく、放っておけば、自らと同じような異常細胞を増殖させていきます。しかし、フコイダンは、このがん細胞のような例外を無視することなく、がん細胞に対してアポトーシスを繰り返していくのです。

スポンサードリンク

【お役立ちリンク】

 <  前の記事 フコイダンって何?  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの吸収  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴