Top >  フコイダンと癌 >  フコイダンの抗がん作用

スポンサードリンク

フコイダンの抗がん作用

フコイダンの抗がん作用を簡単に説明すると、フコイダンはがん細胞を見つけるとそのがん細胞に対してアポトーシス(細胞の自滅)を促し、そのがん細胞が消滅していくという訳です。

がん細胞というのは異常細胞ですので、普通は体内の免疫機能によって消滅させられるのですが、体内の免疫機能の命令を聞かないがん細胞が出て来るとそのがん細胞はどんどん増殖を繰り返していってしまうのです。そういった体内の免疫機能のいうことを聞かなくなったがん細胞に有効に作用してくれるのがフコイダンだという訳です。

フコイダンはがん細胞を見つけると、そのがん細胞にだけ直接に作用しアポトーシスを促します。フコイダンの作用を受けたがん細胞は増殖が出来なくなり、やがて消滅していきます。また、がんの転移に対してもフコイダンは有効に作用すると言われています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとがん治療  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの効果  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴