Top >  フコイダンと癌 >  フコイダンのがんへの作用

スポンサードリンク

フコイダンのがんへの作用

フコイダンはがんへ有効な作用をすると発表されてから大変に注目されるものとなりました。フコイダンはもずくや昆布、ワカメ、メカブなどの海藻から摂れます。フコイダンは海藻の表面にあるヌルヌルとした成分に多く含まれています。特にもずくのヌルヌル成分からは良質のフコイダンが多く抽出できます。

フコイダンはがん細胞に集中して作用していくことがわかっています。私たちの体内では免疫機能が働いていて、異常な細胞が生まれるとその異常細胞を消滅させています。しかし、がん細胞は体内の免疫機能の隙をつき、増殖を始めてしまうのです。そうなると、がん細胞はと私たちの体内に刻まれているアポトーシスの命令を聞かなくなってしまうのです。増殖を始めたがん細胞は取り付いた臓器に新しく血管を生成し、その血液から栄養分を摂り、ますます大きくなっていくのです。

そこにフコイダンが摂り入れられると、フコイダンはすぐにがん細胞の存在をキャッチし、がん細胞だけに攻撃を執拗に繰り返し、最終的にはがん細胞を消滅させてしまうまでその攻撃をやめようとはしません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンを含む海草の産地から選ぶ  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンのがんへの攻撃  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴