Top >  フコイダンと癌 >  フコイダンのがんへの攻撃

スポンサードリンク

フコイダンのがんへの攻撃

フコイダンの癌への攻撃は執拗だと言われています。フコイダンは正常な細胞には何の反応もしません。異常な細胞にのみ反応を示し、その細胞に対して作用をしていくのです。

私たちの体内では毎日いくつもの異常な細胞が生まれています。通常、それらの異常な細胞は私たちの体内にある免疫機能によって退治されているのです。がんになるべくして生まれた異常細胞は私たちの体内の免疫機能で消滅させているという訳です。私たちの身体は強い免疫力を持っているのです。しかし、異常な細胞は異常なだけあって、私たちの体内にある免疫機能の命令を聞かない細胞も出てきます。そういった体内の免疫機能の命令を聞かない異常細胞ががん細胞として体内で増殖をはじめるのです。

フコイダンは、がん細胞と化して増殖を始めた細胞に対してアポートシスを促す役目をするのです。フコイダンの作用を受けたがん細胞は、新しく血管を生成することを絶たれ、栄養を補給することが出来なくなり、やがて消滅していくという過程を辿ることになります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンのがんへの作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとアガリクスの違い  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴