Top >  フコイダンと癌 >  フコイダンと抗がん剤の違い

スポンサードリンク

フコイダンと抗がん剤の違い

フコイダンの抗がん作用は一般にも浸透しつつあります。フコイダンの良いところは癌や腫瘍などのみに作用するということです。癌や腫瘍の細胞だけに攻撃をするということです。

フコイダンはがん細胞に直接に作用してアポートシスを促します。するとそのがん細胞は増殖が出来なくなり、次第に消滅していく訳です。フコイダンは異常な細胞だけに作用するということです。

それに対して、現在病院などで使われている抗がん剤の多くは異常細胞だけではなく、正常な細胞にもダメージを与えてしまい、それが人の身体に様々な副作用を起こしてしまう訳です。人にもよりますが、副作用の症状は脱毛や下痢、嘔吐、食欲減退、倦怠感などを引き起こすことが多いようです。また、肝臓や腎臓の機能障害を起こすこともあり、免疫力が低下しているがん患者に追い討ちをかけるような副作用に、がん患者の方は非常に辛い思いをするのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとアガリクスの違い  |  トップページ  |  次の記事 低分子フコイダン  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴