Top >  フコイダンと癌 >  フコイダンと肺がん

スポンサードリンク

フコイダンと肺がん

フコイダンと肺がんについて述べてみます。フコイダンはがん細胞だけに攻撃を加えるとされていますので、肺がんなどが見つかり抗がん剤の投与で副作用に悩まされるようなことはないのです。

フコイダンのがん細胞に対する攻撃はとても執拗で、見つかったそのがん細胞の成長が止まり、最後には死滅に至るまで攻撃を繰り返します。フコイダンのがん細胞への攻撃はアポトーシスを繰り返すことです。

アポトーシスとは私たちの身体に組み込まれているDNAによって古くなったり傷ついた細胞が死滅して新しい細胞に生まれ変わるよう組まれたプログラムのことを言います。フコイダンはがん細胞に対してアポトーシスを繰り返しますのでそのがん細胞は成長を止め、そして約束されていたように死滅していきます。これがフコイダンのアポトーシス作用なのです。フコイダンのアポトーシス作用は取り分け強力だと言われていますので、フコイダン効果は絶大なのです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと乳がん  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと食道がん  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴