Top >  フコイダンと癌 >  フコイダンと食道がん

スポンサードリンク

フコイダンと食道がん

フコイダンと食道がんについて述べてみます。フコイダンは食道がんのようながん細胞に対して執拗に攻撃を繰り返すと言われています。フコイダンのがん細胞に対する攻撃はアポトーシスによって行われます。

アポトーシスとは、細胞に初めから組まれたプログラム化された細胞死のことを言います。例えば、オタマジャクシの尻尾が無くなり、カエルへと成長する過程のようなものです。また、人間で言えば胎児のうちにある手の水かきのようなものが無くなり、指が出来上がってくることなのです。

ですから、フコイダンに攻撃されたがん細胞は初めから死滅するようにプログラム化されたように消滅していくのです。フコイダンのがん細胞に対する攻撃は抗がん剤などのような副作用等は起こらないのです。フコイダンはがん細胞のような異常細胞だけに働きかけますので、他の細胞には負担をかけることがないのです。フコイダンは正常な細胞には絶対に反応することがありません。このためにフコイダンは私たちの身体に何の負担もかけることがなくがん細胞だけを攻撃するのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと肺がん  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと胃がん  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴