Top >  フコイダンと癌 >  フコイダンと胃がん

スポンサードリンク

フコイダンと胃がん

フコイダンと胃がんについて述べてみます。フコイダンは海藻の表面にあるヌルヌルした成分に含まれていますので、胃や腸などの粘膜を守る役目をすると言われています。フコイダンは胃がんのようながん細胞を見つけると執拗に攻撃を仕掛けます。

フコイダンに見つかったがん細胞は自殺するように消滅していくと言われています。その理由として、フコイダンのがん細胞に対する攻撃はアポトーシス作用をがん細胞に促すからです。フコイダンにアポトーシス作用を促されたがん細胞はその成長を止め、栄養補給を絶たれ、最後には初めから組まれたプログラムにのっとったように死滅していくのです。

フコイダンはがん細胞のような異常細胞にだけ攻撃を仕掛けますので、他の正常な細胞には何の影響も与えません。ですので、抗がん剤のように私たちの身体に大きな負担を強いるような副作用が出るようなことはないのです。フコイダンは私たちの身体にはとても優しい成分なのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと食道がん  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと直腸がん  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴