Top >  フコイダンと癌 >  フコイダンと直腸がん

スポンサードリンク

フコイダンと直腸がん

フコイダンと直腸がんの関係を述べてみます。フコイダンはがんに効果的に作用すると言われています。近頃、患者が非常に増えているという直腸がんにも効果的に作用すると思われます。

フコイダンはがん細胞を見つけると執拗に攻撃を繰り返し、フコイダンに攻撃されたがん細胞はその成長を止められ、また栄養補給の道も絶たれ、そして死滅していくと言われています。フコイダンはがん細胞に対してアポートシス作用を促すので、狙われたがん細胞は初めからその運命が決められていたようにその生命は絶たれます。アポートシスとは、古くなったり傷ついたりした細胞は死滅するようにDNAでプログラム化されており、新しい細胞に生まれ変わるようにされていることを指します。ですから、フコイダンにアポトーシス作用を促されたがん細胞は初めからそうなるように決められていたかのように死んでいくのです。

またフコイダンは他の正常ながん細胞には何の影響も与えませんので、私たちの身体には優しいのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと胃がん  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと大腸がん  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴