Top >  フコイダンと癌 >  フコイダンと大腸がん

スポンサードリンク

フコイダンと大腸がん

フコイダンと大腸がんについて述べてみます。フコイダンはがん細胞に対してアポトーシス(細胞の自滅)を誘導する作用があります。フコイダンにアポトーシスの誘導を受けたがん細胞は自ら死滅していきます。

私たちの身体の中では日々、新陳代謝が行われていて、古くなったり傷ついたりした細胞はアポトーシスによって新しい細胞に生まれ変わっています。しかし、大腸がんなどを引き起こす異常細胞として生まれたがん細胞は死滅することなく増殖を続けるという特徴があります。フコイダンはこの異常細胞として生まれたがん細胞に対してアポトーシスを促すと言われています。

フコイダンのがん細胞に対するこうした攻撃は執拗に繰り返されるので、フコイダンに見つけられたがん細胞は栄養補給の道を絶たれて衰弱していき、最後には自滅していくという道を辿るのです。フコイダンは異常細胞やがん細胞に対しては執拗に攻撃を繰り返しますが、正常な細胞に対しては何の影響も与えませんので、抗がん剤のような副作用は一切起こることはないとされています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと直腸がん  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと前立腺がん  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴