Top >  フコイダンと癌 >  フコイダンと前立腺がん

スポンサードリンク

フコイダンと前立腺がん

フコイダンと前立腺がんについて述べてみます。フコイダンが癌を消滅させると研究発表されて久しいのですが、そのフコイダンの研究は進み続けています。

フコイダンが癌細胞を消滅させる方法は、フコイダンによるがん細胞へのアポートシス促進作用です。フコイダンは私たちの身体の中の異常細胞が、例えば前立腺がんの癌細胞へと成長した細胞に対して自滅するようアポトーシスを促します。フコイダンにアポトーシスを促された細胞は栄養の補給も出来なく
なり、いずれ自滅するように消えていくと言われています。この時に、フコイダンは癌細胞のみに作用し、正常な細胞にはアポトーシスを起こさず、何の影響も与えないことが分かりました。このことは、医学界で非常に注目されることになりました。現在でもそうですが、抗癌剤や放射線治療による強い副作用が問題となっていることから、フコイダンの使用は何の副作用も起こさないので非常に注目される訳です。

また、フコイダンのアポトーシス作用はフコイダンの量が多ければ多いほど強力に起こることも分かってきました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと大腸がん  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと子宮がん  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴