Top >  フコイダンと癌 >  フコイダンと子宮がん

スポンサードリンク

フコイダンと子宮がん

フコイダンと子宮がんについて述べてみます。フコイダンが癌細胞に対して強力にアポトーシスを促すと、例えば子宮がんなどの癌細胞はその成長を止め、初めから約束されていたように消滅していきます。その折に、フコイダンからアポトーシスを促された癌細胞以外の正常な細胞には何の影響も与えないので、抗がん剤や放射線治療などのような副作用は一切起こりません。このようにフコイダンは私たちの身体に非常に優しく作用するのです。フコイダンのこのような作用は医学界でも注目されており、これからはさまざまながん治療に使われていくことが期待されます。

フコイダンの癌細胞に対するこのような作用は癌細胞が死滅するまで執拗に行われるので、強力な癌細胞も生き残りようがないのです。フコイダンのアポトーシス作用は子宮がんや乳がん、膀胱がんなどの比較的に女性が罹りやすい癌にも効果的に作用するとされていますので、フコイダンに対する研究はますます進んで行くと思われます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと前立腺がん  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと膀胱がん  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴