Top >  フコイダンと癌 >  フコイダンと膀胱がん

スポンサードリンク

フコイダンと膀胱がん

フコイダンと膀胱がんについて述べてみます。フコイダンががん細胞に作用するということは今ではとても有名なことです。では、フコイダンは膀胱がんなどのがん細胞にどのように作用するのでしょうか。

フコイダンのがん細胞に対する作用はかなり特殊だと言えます。フコイダンのがん細胞に対する作用はアポトーシス作用だと言われています。アポトーシスとは私たちの身体にある細胞が、古くなったり傷ついたりした場合に自ら死滅して新しい細胞に生まれ変わることです。フコイダンのがん細胞に対するアポトーシス作用はがん細胞が自ら死滅するように消滅するので、他の正常な細胞に影響を与えません。ということは、がん治療に使われる抗がん剤や放射線治療のように強い副作用に悩まされることは
ありません。フコイダンのがん細胞に対するアポトーシス作用は私たちの身体に非常に優しいものであることが分かります。

また、投与するフコイダンの量が多ければ、フコイダンのアポトーシス効果はより強力になると言われています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと子宮がん  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと肝臓がん  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴