Top >  フコイダンと癌 >  フコイダンと肝臓がん

スポンサードリンク

フコイダンと肝臓がん

フコイダンと肝臓がんについて述べてみます。フコイダンが肝臓がんなどのがん細胞に対して有効な作用をすると言われています。フコイダンはがん細胞に対してどのような作用をするのでしょう。

フコイダンはがん細胞を見つけると、がん細胞に対してアポートシスを促します。すると、フコイダンにアポトーシスを促されたがん細胞は栄養の補給を絶たれ自ら死滅していきます。このために、他の正常な細胞にはフコイダンは影響を与えないと言われており、これは副作用がないことの証明になります。昨今のがん治療は、抗がん剤や放射線治療が主な治療方法ですが、これらには強力な副作用があり、がん患者を非常に悩ませることとなっています。

更にフコイダンのがん細胞に対する研究が進み、医療でのがん治療にフコイダンが使われるようになれば、副作用の無い私たちの身体に優しいがん治療が行われるようになるでしょう。フコイダンのがん細胞に対するアポトーシス効果は絶大だと言われていますので、早急に医療と結びつくことが望まれます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと膀胱がん  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとすい臓がん  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴