Top >  フコイダンと癌 >  フコイダンとすい臓がん

スポンサードリンク

フコイダンとすい臓がん

フコイダンとすい臓がんの関係について述べてみます。フコイダンのがんに対する効果が期待されています。フコイダンのがん細胞に対する攻撃は執拗でほとんどのがん細胞は消滅すると言われています。しかし、現在のところまだフコイダンの研究の余地はまだまだあると思わなければなりません。

フコイダンは例えばすい臓がんなどのがん細胞にアポトーシスを誘導します。フコイダンにアポトーシスを誘導されたがん細胞はあたかもプログラムに組み込まれていたように自滅していきます。フコイダンのがん細胞に対するアポトーシス作用は非常に執拗に行われると言われています。

がん細胞は異常細胞として生まれてきますが、身体の免疫機能の命令を聞くことなく成長してしまいます。そのがん細胞をフコイダンは攻撃し、自ら死滅するようにアポトーシスを促すのです。この時に、現在のがん治療の抗がん剤投与や放射線治療のような強い副作用などは起こらずにがん細胞だけを消滅させるという私たちの身体に優しい働きをフコイダンはするのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと肝臓がん  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの純度の違いから選ぶ  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴