Top >  フコイダンの分子構造 >  フコイダンの吸収

スポンサードリンク

フコイダンの吸収

フコイダンは高分子の成分とされていて、私たち人の身体に吸収されにくいとされています。例えば、膝や肘などの関節に効果があるというヒアルロン酸なども高分子構造を持っていて、私たち人の身体に吸収されにくいと言われています。かといって、フコイダンを低分子にすればいいのかと言えばそうでもないのです。私たち人の身体に吸収されやすいようにと低分子化し過ぎると、フコイダン自体の構造が壊れてしまって、有効な効果が望めなくなるようです。

フコイダンは元々、高分子多糖類に分類されていて、硫酸基等の分子が強く結合した壊れ難いものです。しかし、フコイダンは高分子の多糖類だから故にアポトーシス効果や、抗免疫力などの力を出せると言われています。低分子化し過ぎたサプリメントが出回っていますが、フコイダンの分子構造をある程度知るのも、フコイダンの効果を得る近道になると思えます。

スポンサードリンク

【お役立ちリンク】

 <  前の記事 フコイダンのアポトーシス  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンのアポトーシス作用  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴