Top >  フコイダンの分子構造 >  フコイダンの分子構造

スポンサードリンク

フコイダンの分子構造

フコイダンの分子構造には硫酸基が含まれています。この硫酸基がないとフコイダンとは呼べない単なる糖類という分類にされてしまいます。

フコイダンは本来、非常に高分子の物質ですので、身体になかなか吸収されない性質を持っています。それを身体に吸収されやすくするために、低分子化するのです。しかし、単に低分子化をすると前述の硫酸基が壊されてしまうのです。硫酸基がなければフコイダンがフコイダンと呼べなくなってしまう訳ですので、この硫酸基を壊さないように低分子化しなければならないのです。

では、フコイダンがフコイダンであるための硫酸基の結合量はどのくらいあれば良いのでしょうか。現在の研究では硫酸基の結合量が13%以上あれば良いとされています。

現在のフコイダン抽出技術は、高分子フコイダンを硫酸基の結合量13%以上に保ちつつ低分子化することが出来るまでに進歩しました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの力  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの分子量と吸収  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴