Top >  フコイダンの分子構造 >  フコイダンの分子量と吸収

スポンサードリンク

フコイダンの分子量と吸収

物質はその分子量によって人の身体に吸収されやすかったり、吸収されにくかったりします。一般的には、分子量が小さければ人の身体に吸収されやすく、分子量が大きければ人の身体に吸収されにくいと言われています。それでは、フコイダンという物質は私たちの身体に吸収されやすいのでしょうか。フコイダンはもずくや昆布、ワカメ、メカブなどの海藻類の表面にあるヌルヌルとした物質に含まれている成分です。フコイダンのその分子量は約20万と言われ、非常に高分子な物質なのです。そもそもフコイダンは高分子多糖類に属す物質で、多くの糖類が非常に強く結びついた壊れ難い分子構造をしているものです。ということから、フコイダンは私たちの身体に非常に吸収され難い物質だと言えます。分子量が大きい高分子のフコイダンを身体に吸収されやすくするには、低分子の物質に変えればいいことです。高分子のフコイダンを低分子にするのには、そんなに難しいことではないのです。しかし、フコイダンを単に低分子にしてしまうと、フコイダンがフコイダンではなくなってしまうのです。それはフコイダンに含まれる硫酸基が壊されてしまうからです。フコイダンの硫酸基を壊さないように低分子化することが大切なのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの分子構造  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの分子量  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴