Top >  フコイダンの分子構造 >  フコイダンの分子量の違い

スポンサードリンク

フコイダンの分子量の違い

フコイダンは高分子の成分だと言われています。一般的に高分子の物質は私たちの身体に吸収されにくいと言われています。例えば、今話題の関節や肌、目に効くとされているヒアルロン酸などが高分子の物質です。分子量は100万もあるとされています。フコイダンはヒアルロン酸ほどではありませんが、20万ほどの分子量を持つ高分子の物質です。フコイダンの資料を見ると、高分子フコイダンや低分子フコイダン、超低分子フコイダンなどの種類を知ることが出来ます。この高分子や低分子、また超低分子とはどのように違うのでしょうか。元々、フコイダンは高分子多糖類に属する物質です。多くの糖が非情に強く結びついたものです。ですから、簡単には壊れない分子構造になっているのです。ということは私たちの身体に吸収されにくい物質だということです。しかし、フコイダンは私たちの身体に有効な成分だとされているので、どうにかして吸収されやすい物質に変えられないかと研究が始まり、フコイダンの低分子化に成功したのです。その低分子フコイダンの中にまた超低分子フコイダンが生まれ、非常に吸収されやすいフコイダンが生まれたという訳です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの分子量  |  トップページ  |  次の記事 高分子フコイダンと低分子フコイダン  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴