Top >  フコイダンの分子構造 >  高分子フコイダンと低分子フコイダン

スポンサードリンク

高分子フコイダンと低分子フコイダン

高分子フコイダンと低分子フコイダンというものを目にするのは健康食品などのHPが多いと思います。では、高分子フコイダンと低分子フコイダンとは何でしょうか?

フコイダンは海藻などの表面にあるヌルヌルの成分に含まれています。例えば、もずくから抽出したフコイダンはそのままの形だと、分子量が20万ほどもある大きなものです。

フコイダンは元々、高分子多糖類に類するものなのです。人が口にした物を身体に吸収できる分子量は3000~4000とされているので、高分子多糖類に属すフコイダンはとても身体に吸収できるような分子量ではありません。そこで、身体に吸収されやすくするために、高分子フコイダンを低分子化する技術が開発されたのです。単にフコイダンを低分子化するとフコイダンがフコイダンではなくなってしまうので、フコイダンであるための硫酸基の結合量に気をつけながら低分子化が進みました。

フコイダンの硫酸基の結合量を13%以上に保てば、低分子化してもフコイダンの効果を受けることができるとされています。こうして低分子フコイダンが生まれたという訳です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの分子量の違い  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの抗炎症作用  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴