Top >  フコイダンの分子構造 >  フコイダンの低分子化

スポンサードリンク

フコイダンの低分子化

フコイダンは分子量の非常に大きな成分です。もずくや昆布、ワカメ、めかぶなどの表面にあるヌルヌルの成分に含まれるフコイダンは、例えばもずくから抽出したままのフコイダンの分子量は20万という大きさだと言われています。これでは、とても身体に吸収することは難しいのです。

人が食べたり飲んだりしたものを胃や腸で吸収できる分子量の大きさは3000~4000だと言われているのです。それが20万という分子量の大きさでは論外です。

そこでフコイダンを身体に吸収されやすくするために、フコイダンを低分子化するということが考えられました。しかし、フコイダンを低分子化することに大きな問題が持ち上がりました。それは、単にフコイダンを低分子化するとフコイダンの分子構造が壊れてフコイダンがフコイダンではなくなってしまうということです。

そこで生まれた技術が、フコイダンが持つ硫酸基の結合量をある一定量を保ちながら分子量を小さくすることでした。フコイダンがフコイダンであるために必要な硫酸基の結合量は13%以上とされています。こういった条件をクリアし、フコイダンの低分子化が実現したのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 低分子フコイダン  |  トップページ  |  次の記事 高分子フコイダン  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴