Top >  フコイダンの分子構造 >  高分子フコイダン

スポンサードリンク

高分子フコイダン

フコイダンはその抽出加工方法によって高分子フコイダンと低分子フコイダンに分けられます。元々、フコイダンは高分子多糖類に属しているので、フコースやガラクトース、マンノースなどの多くの糖が非常に強く連結している壊れにくいものです。ですので、身体に摂り入れてもなかなか吸収が難しいとされています。

それではフコイダンを低分子化すれば体内に吸収されやすくなるかと言えば、それも良くないことです。確かに低分子化すると身体には吸収されやすい成分に変化はしますが、そのに非常に困ることが起きるのです。それは何かと言えば、フコイダンを低分子化するとフコイダンではなくなってしまうということです。何故なら低分子化することによってフコイダンの分子構造を壊してしまうことになるからです。

先に述べたとおり、フコイダンは元々、高分子多糖類に属しているものですので、その分子構造を変えてしまうことになり、本来のフコイダンではなくなってしまうのです。身体には吸収され難いが、あえて高分子フコイダンのまま製品化されるものが多いのはこういった理由からです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの低分子化  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの胃潰瘍治癒促進作用  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴