Top >  フコイダンの分子構造 >  高分子フコイダンと吸収

スポンサードリンク

高分子フコイダンと吸収

高分子フコイダンは私たちの身体に吸収されにくいとされています。低分子になればフコイダンは私たちの身体に吸収されやすくなります。しかし、闇雲に高分子であるフコイダンを低分子化するとフコイダンは本来の形を保つことが出来ずにその機能もなくしてしまうのです。

高分子フコイダンを低分子化すると、まずフコイダンに結合している硫酸基が壊れます。フコイダンに繋がっている硫酸基が壊れるとフコイダンはフコイダンではなくなるのです。そこで考えられた対処方法が硫酸基をある程度残してフコイダンの体をなしたまま低分子化する方法です。これで吸収されにくいと言われていた高分子フコイダンは低分子フコイダンとなって私たちの身体に吸収されやすい成分となったのです。しかし、製品によってはあえて高分子のままフコイダンを精製しているメーカーもあります。


スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと硫酸基の関係  |  トップページ  |  次の記事 低分子フコイダンと吸収  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴