Top >  フコイダンの分子構造 >  低分子フコイダンと吸収

スポンサードリンク

低分子フコイダンと吸収

低分子フコイダンとは私たちの身体に吸収されやすく加工されたものです。何故、低分子フコイダンは加工されたものなのでしょうか。

実はフコイダンはとても高分子な成分なのです。高分子な成分は私たちの身体に吸収されにくいのです。ですから高分子フコイダンはそのままでは私たちの身体に吸収されにくいのです。そこで考えられるのは高分子フコイダンを低分子化するということです。しかし、単純に高分子フコイダンを低分子化するとフコイダンがフコイダンではなくなり、フコイダンにある機能などが一切働かなくなってしまうのです。
そこでフコイダンの機能を保ったまま低分子化する技術が生まれたのです。

フコイダンを低分子化するのが難しいのはフコイダンにしっかり結びついた硫酸基が壊れやすいからです。この硫酸基をある程度保ちながら低分子化する技術が生まれたのです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 高分子フコイダンと吸収  |  トップページ

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴