Top >  フコイダンの働きと効果 >  フコイダンの抗炎症作用

スポンサードリンク

フコイダンの抗炎症作用

フコイダンは炎症に対しても効果的な働きをすることが判りました。フコイダンはもずくや昆布、わかめ、メカブなどの海藻の表面にあるヌルヌルとした成分に含まれています。

あの海藻のヌルヌルとした成分は波などによって海藻が傷つくことから守ったり、引き潮によって海藻が空気に触れて乾燥することから守ったりします。また、強い紫外線から海藻を守る役目もしているのではないかと考えられています。

それと同じようなことがフコイダンを摂った身体にも起こると報告があります。日焼けした肌を早く回復させたり、水虫の症状が和らいだり、皮膚が傷ついたりした時にその患部の炎症を防いだりすることが報告されています。また、胃の炎症である胃炎や潰瘍の予防や回復にも効果があることが報告されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 高分子フコイダンと低分子フコイダン  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの抗ウイルス作用  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴