Top >  フコイダンの働きと効果 >  フコイダンのアポトーシス作用

スポンサードリンク

フコイダンのアポトーシス作用

フコイダンにはアポトーシス作用があると言われています。このアポトーシスとは生物の発生過程で、予めプログラム化されて細胞死が起きるようになっていることを指します。例えば、オタマジャクシからカエルに変態する時に尻尾がなくなるのはアポトーシスによることです。人も胎児の時に、手の指が出来上がる場面で、いわゆる水かきに当たる部分がなくなっていくこともアポトーシスによることです。

フコイダンはアポトーシスの仕組みを後押しする働きをします。人の体内では、常に異常を起こした細胞を取り除く作業をしています。ほとんどの腫瘍などは成長する前に取り除かれているのですが、何かの作用でその腫瘍が癌化してしまった時に、フコイダンのアポトーシス作用が強力に働くと言われています。

フコダンは異常な細胞を発見し、正常な細胞になるまでアポトーシス作用を繰り返します。

スポンサードリンク

【お役立ちリンク】

 <  前の記事 フコイダンの吸収  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンを含む海草の種類から選ぶ  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴