Top >  フコイダンの働きと効果 >  フコイダンのコレステロール低下作用

スポンサードリンク

フコイダンのコレステロール低下作用

フコイダンにはコレステロールの消費を促進する作用があります。これはフコイダンに血液をサラサラにさせる効果もあり、血中のコレステロールを溜まりにくくさせるということが起きているのではないかと言われています。

フコイダンは体内のコレステロールをより多く使うように、体内の細胞を活発化させる作用があるということだと考えられています。

フコイダンにはコレステロールの吸収を妨げる作用があります。この作用はフコイダンに含まれる強力なヌメリ成分が胃の中を覆い、胃の粘膜を守っているためにコレステロールの吸収がされにくくなるためだと言われています。この作用は小腸や大腸でも起きているためにコレステロールの吸収がますますされにくい状態を作っていると考えられています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの胃潰瘍治癒促進作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの血液凝固抑制作用  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴