Top >  フコイダンの働きと効果 >  フコイダンの血液凝固抑制作用

スポンサードリンク

フコイダンの血液凝固抑制作用

フコイダンには血液凝固抑制作用があり、血液をサラサラにすることで期待されている成分です。ドロドロ血液はいろいろな生活習慣病に結びつく怖い症状です。

まず血液がドロドロとしてくると身体がだるくなったり、肩こりや腰痛の原因、冷え性、肌荒れなどが起きてきます。そのままにしておくと、脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化、血栓症、糖尿病、高脂血症、動脈硬化などの生活習慣病になりやすくなります。

血液がドロドロになっていて良いことは何もないと言われています。血液はサラサラに保ちたいものですが、なかなか難しいことです。ドロドロ血液になる原因には、ストレスや運動不足、中性脂肪、新陳代謝の低下、体内の活性酸素、コレステロールなどなど、よく耳にする項目が並んでいると思います。これらの原因をフコイダンが解消してくれるというのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンのコレステロール低下作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの殺菌作用  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴