Top >  フコイダンの働きと効果 >  フコイダンの抗腫瘍作用

スポンサードリンク

フコイダンの抗腫瘍作用

フコイダンには異常細胞に反応し消滅させる力があると言われています。

通常、私たちの身体の中では異常な細胞が生まれると、体内の免疫機能が働いてそれらを退治しています。私たちの体内では強力な免疫機能が働いている訳です。

しかし、体内の免疫機能が見逃してしまう異常細胞も出て来る訳です。それが腫瘍となったり、悪い場合はがん細胞となって増殖するのです。体内の免疫機能が見逃した異常細胞は増殖を始めてしまいます。その時に、フコイダンを摂取しているとフコイダンが腫瘍を素早く発見し、すぐさまその腫瘍に対して作用を始めます。フコイダンの攻撃を受けた腫瘍は栄養分の供給を絶たれ、その増殖力は急激に失われます。その次にフコイダンはその腫瘍に対してアポトーシスを促し、その腫瘍は新しい細胞と取って代わることになるのです。

異常細胞が腫瘍やがん細胞に育ってしまうのは、体内の免疫機能の命令を受けないからです。そういった体内の免疫機能の命令を聞かなくなった異常細胞に対してフコイダンは執拗に作用すると言われています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの抗アレルギー作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの生理作用  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴