Top >  フコイダンの選び方 >  フコイダンを含む海草の産地から選ぶ

スポンサードリンク

フコイダンを含む海草の産地から選ぶ

フコイダンはもずくや昆布、ワカメ、メカブなどの海藻の表面にあるヌルヌルとした成分に含まれています。しかし、フコイダンはその海藻によって含まれる量はかなり違うとされています。含有量の多い海藻はもずくだとされています。もずくには昆布やワカメに比べるとフコイダンの含有量は5倍から8倍もあると言います。ですから、もずくから抽出したフコイダンを摂るのが効率的だと言えます。

それではもずくなら何処で取れるもずくでも一緒かと言えば、それも違ってきます。もずくでもその産地によってフコイダンの含有量が変わってくるのです。

日本での産地で有名なのは沖縄です。沖縄で育つもずくには純度の高いフコイダンが含まれていると言われ、「沖縄もずく」として固有名詞まで生まれています。しかし、この沖縄もずくよりもさらにフコイダンの含有量が多いもずくがあります。それはトンガ産のもずくです。トンガ産のもずくには沖縄もずくよりもフコイダンが2倍から3倍も含まれているとされています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの血糖上昇抑制作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンのがんへの作用  > 

         
このページについて

このページは「フコイダンのうわさ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴